仙台を中心に活動するエンターテインメントサークル[Sanctuary]の活動記録を報告するためのblogです。
xxSEARCHxx
プロフィール

Sanctuary00

Author:Sanctuary00
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

最近の記事


スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY:スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) |

防災・防火フェスティバル2009 

2009/08/30 21:43/Sun
クワバラです。

今日は勾当台公園のステージで演技してきました!
24時間テレビのステージ、ではなく防災・防火フェスティバルのステージで演技させていただきました。
下が入口です。

防災・防火フェスティバル2009の入口

私たちが演技する前にステージを盛り上げていたチアの皆さんです!
皆さん元気いっぱいでした!

ステージとチアの皆さん

私たちの演技の写真は撮る事ができませんでした・・・。すいません・・・。

たくさんのお客様と楽しい時間を作ることができました!ありがとうございました!

スポンサーサイト
CATEGORY:未分類 | CM(0) | TB(0) |

宮城野区東仙台夏祭り 

2009/08/24 00:23/Mon
マサヤです。

今回は、宮城野区東仙台安養寺下子ども会の夏祭りに出演させていただきました。

マジックもジャグリングもたくさんやらせていただきましたが、
子どもたちがとても伸び伸びとしていて反応がよかったので、
とても楽しく演技することができました。

僕たちの出番の後にはビンゴ大会があったんですが、
子ども会の方々の計らいで僕たちも参加させてもらっちゃいました。
でも僕たちはひとりもビンゴできず……残念!
ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。


下の写真は、僕がやっている手品で「和妻」といいます。
洋服で演じる他の演目とは、ちょっと趣の異なる手品ですね。
和傘をたくさん出したりすると子どもたちの反応もいいんですが、
この時期和服は暑くて大変ですね……。

マサヤ和妻

CATEGORY:未分類 | CM(0) | TB(0) |

長町コミュニティーセンター 

2009/08/02 13:12/Sun
2009-07-31-Nagamachi

ここ最近はずっと雨。
雨というのは降ればみんなに恨まれるけれど、
降らなさすぎると、水不足だのなんだのと人は叫ぶ。
雨の気持になって考えてみれば、こんなに悲しいものはない。

僕はそういう矛盾した言動があまり好きじゃないので、
雨だからといって雨を恨まないようにしているんだけれど・・・。
やっぱりなかなかそうもいかない。
やはり人間は矛盾してしまう。
雨はいやだなぁ・・・。晴れてほしいなぁ・・・。

でも厳密に言えば、僕は雨そのものが嫌いなんじゃなく、
「降りそうで降らない空模様」というのが嫌いなのかもしれない。
このはっきりしない態度はなんなんだ!みたいな(笑)。
降るなら降ってほしい。
晴れるなら晴れてほしい。
僕は空模様にかなりやかましい人間なのですよ・・・。



この日は雨が降りそうで降らない、僕の一番苦手な空模様だった。
Sanctuaryの正式メンバーの真鍋クン(通称まなべぇ)と
臨時アルバイトで東北大学奇術部から引き抜かれてきた大臣クンと、
Sanctuary派遣メンバー(つまり派遣社員)の僕(椿)とで行ってきました。

長町コミュニティーセンターというところで演技。
きれいなところで気持ちよくパフォーマンスできたなぁ。

さすが正式メンバーのまなべぇは貫録のできで、子供たちを虜に。
得意のディアボロはもちろん、あのパラソルに子どもたちは驚嘆していました。
大臣クンは僕らよりもキャリアは2年ほど短いのですが、素晴らしかったですね。
ハット、シンブル、サムタイと・・・どれも大ウケ。
特にサムタイは鉄板です(笑)!

僕はといえば、派遣社員でいつ首が切られるか分からないため、不安の演技。
できが悪ければ、僕は解雇されてしまうんです。
(↑あ、ウソです)
しかしそのプレッシャーに打ち勝ち、僕も結構いい演技ができました。



それにしても・・・やはり子どもたちはいつの時代も元気ですね。

今の子どもたちは夏休みをどう過ごすのかなぁ?
宿題はまぁあるだろうけれど、そんなものは最終日にやればいいんです(笑)
外で遊びましょう。
でも、どうも今年の夏は天気があまりよろしくないよう・・・。
そんなときは、家でゆっくり本でも読んで、いい読書感想文を書いてください。
って言っても、読書感想文なんてものは、やってもしょうがないんですがね!
本当にあれはなくしてほしいです。
感想文を書くくらいなら、
今のうちにとにかくたくさん本を読んでおいたほうがいいね。
ある意味「詰め込んだ」ほうがいいかも。

こんなことを言うと、お父さんやお母さんにお叱りを受けそうですが、
実は僕自身、読書感想文がちょっと得意で、
学校で2,3回賞を取ったこともあります。
でも今思うのは、そんな読書感想文なんて意味なかったなぁってこと。
そんなものを書くよりも、たくさん本を読んだ方がいい。
僕は子どものころ、そこまでたくさん本を読んでこなかったので(普通の人よりもちょっと多いくらいかな?)、
今になって本気で後悔しています。
何かを書けるようになるのは、おそらくもっと後になってからです。
それまではとにかくいろんな「読書経験」を積んでほしいものです。
1冊本を読んだからって何かが書けるわけじゃないんだから。



それじゃぁ、小学生にお勧めの本をば・・・
と、ちょっと考えたけれど、いいのが思いつかない。
ちなみに学校の推薦本なんてものに手を出すのは、はっきり言って負けです(笑)。

う~ん・・・じゃぁ志賀直哉で。
小僧の神様―他十篇 (岩波文庫)小僧の神様―他十篇 (岩波文庫)
(2002/10)
志賀 直哉

商品詳細を見る

短篇なら読みやすいしね。
小説の神様と呼ばれているので(まぁ僕は全然そんな風に思ったことはないけれど!)、
小学生にはお勧めかな。
低学年には「小僧の神様」、
中学年には「「城の崎にて」、
高学年には「范の犯罪」てところかな?
(意外といいチョイスだ)

日本文学なんて読まねぇよ!という、
ちょっとマセた小学生(こういう子、僕は大好きです)は、
カフカの「変身」でも読んでなさい!
(別にこれといった理由はありません。ただ僕が小6か中1のころに読んだから)
変身 (新潮文庫)変身 (新潮文庫)
(1952/07/30)
カフカ

商品詳細を見る



そいえば村上春樹は中学生くらいまでに、
カフカとドストエフスキーはだいたい全部読んでたらしい。
すごいね。
僕はそろそろ社会人になるのに半分くらいしか読めてないわ。



全然今回の出演依頼と関係ない日記になっちゃったけれど(笑)、
これからもバシバシがんばっていきましょうか!

(大学生が小学生と触れ合うなんて、あんまりないから、
いろいろと子どもたちの未来とかを考えちゃうんですよ・・・。)

CATEGORY:未分類 | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。